2018/01/13 177views

1万円から始めるFX! 海外FX業者を選ぶならXMがオススメ

仮想通貨が盛り上がっている中、外国為替証拠金取引(FX)にせっせと励んでいる ぽよまる です。

国内では現行の25倍から10倍へとレバレッジの引き下げが検討されており、低資金での参入が難しくなることが予想されます。

とはいえ1,000通貨単位(以後、0.1枚)で取引を行うのであれば、そこまで資金が必要なわけではありません。

ですが大きく稼ぎたいと考えている方や、仮想通貨に手をだしたいけど高値づかみしそうで怖い……なんてあなたには海外FXがオススメです!

私が3年ほど使用しているXMという、海外FX業者で1万円からFXを始めるメリットとデメリットを紹介しますので、1万円程度の超低資金でFXを始めたいと思っている人は参考にしてみてください(´∀`*)

スポンサーリンク

海外FX業者「XM」で始める、外国為替証拠金取引

1万円などの低資金でFXを始める場合、私は国内の業者を絶対にオススメしません。

いくつか理由あるのですが、最大の要因は レバレッジが低すぎる ことです。

上にも記載していますが、国内FX業者のレバレッジは個人だと最大で25倍しかなく、近い将来10倍まで下がることがほぼ確定しています。

仮に1万円しか余剰資金が用意出来ないのであれば、レバレッジを最大まで使ったとしても現行で25万円分の取引しかできず、将来的には10万円分の取引しか出来ません。

ですが海外FX業者は日本の法律で運用されていないので、私のオススメしているXMという業者では最大 888倍のレバレッジ で売買することができます

つまり1万円の元金で888万円分の売買が可能だということ!

ゼロカットシステムで元金以上の支払いは不要!

日本国内の業者で取引をしていた場合、急激な値動きにつかまり元金以上の損失を出してしまった……

そんなときどうなるのかというと、損失分を入金してくれと催促のメールや電話が鳴り響きます

FXが怖いと言われる理由のひとつでもあるのですが、海外FX業者でゼロカットシステムを採用しているところは、この損失分を支払う必要がありません!

本当に払う必要が無いのか? と思い、わざと残高がマイナスになるよう取引をしたことがありますが、残高がマイナス表記になるだけで1円も支払う必要はありませんでした。

私がXMを使っている最大の理由は、このゼロカットシステムだと言っても過言ではありません。

POINT

画面では残高がマイナスで表記されますが、時間経過および次回入金時に自動的に消滅します。

スリッページがほとんど発生しない!

スリッページとは、USDJPY(ドル円)が111,764のときに買おうと思ってボタンをクリックしたのに、約定が遅れてしまい注文価格である111,764が、約定価格111,772などになり価格に差が生じること。

これはDD方式と呼ばれる発注方法を取っている業者によく見られることで、国内のFX業者は大半がDD方式を採用しています。

ですがXMではNDD方式と呼ばれる発注方法を採用しており、全注文の99.35%が1秒以内に約定されるという特徴があります。

私は3年間ほど使用しておりますが、一度も約定が遅れたと感じたことはありません。

国内業者の場合、相場が荒れているときなどは度々スリッページが発生していたので、思った通りの取引ができない。

損切りの設定をしているのにその金額で約定しない。

などがあったので、スリッページが発生しないのは非常に嬉しいところですね。

DD方式とNDD方式の違い

DD方式は顧客とインターバンクが直接取引するのではなく、間にディーラー(証券会社)が入ることで行われる取引方法です。

顧客の負けが業者の利益に直結するので、過去にはわざとスリッページさせているのは? なんて噂が流れたこともあります。

NDD方式は顧客とインターバンクが直接取引するので、取引の際にスプレッド以外の利益が業者に入ることは基本的にありません。

そのためDD方式を採用している業者よりも、NDD方式を採用している業者はスプレッドが高い傾向にあります。

国内業者と比べるとスプレッドは高め

国内業者はドル円のスプレッド(売買時の価格差)が0.3銭前後のところが多いのに比べ、XMは1.5銭~2.0銭ぐらいと非常に高く感じると思います。

実際に私がFXを始めた頃は国内業者を使っており、XMが高レバレッジ + ゼロカットシステムを採用しているのを知っていたにも関わらず、国内業者を選んだ理由はスプレッドの幅が広すぎるから。

ですが数十秒から数分で売買を繰り返すスキャルピング(超短期売買)を繰り返すならともかく、相場の流れに合わせたトレードを心がけるなら気になるようなものではありません

出金に時間がかかる&手数料が高い

XMの評判をネットで調べると「出金拒否された」なんて話をよく見かけます。

ですがしっかりと手順を踏めば出金拒否されることはありません!

こんな感じで、中途半端な金額でもしっかり出金してくれます。

ただ……出金時の手数料が高い。

何度か出金していますが、平均したら4,000円前後の手数料がかかっているので、毎月の生活費をXMの残高から引き落とすような使い方をしていると、手数料だけで年間5万円を超えてしまうという馬鹿馬鹿しいことになります。

とはいえ毎月の生活費をFX口座から出金して支払うような方は、専業のトレーダーだけだとは思いますし、そこまで気にするようなことでもないでしょう。

海外FX業者だけど、完全日本語対応!

XMは海外FX業者ですが完全日本語対応しており、サポートに関しても日本語で受けることができます。

またチャットサポートという、チャット形式でリアルタイムのサポートを受けることも出来ますので、初心者の方でも安心して使うことができます。

上記している出金がうまくできないなどのサポートもしっかりとおこなってくれますので、英語がわからないんだけど……などと考える必要はありません!

信託保全 + 10カ国の金融ライセンス取得という安心感

XMはキプロス籍で日本人向けの口座を作っており、キプロス籍であればICF(投資家補償基金)というものに加入する必要があります。

これは万が一XMが倒産しても、最大2万ユーロ(約270万円)まで保証してくれるサービスを受け取ることができるというサービスで、投資家の資産を守ってくれるものです。

さらにXMではバークレイズ銀行への分割管理を行っており、実質「全額信託保全」されている状態でした。

ですが2016年からはICFに加入する必要のない、セシュール籍で日本人向けの口座が開設されることになり、今まで通りの保証が受けられないのでは? という憶測が飛び交いました。

ですが2016年以降もICFの代わりにAGIの保険(最大100万ドルまで補償)に加入しており実質「全額信託保全」されている状態を作っています。

また世界10カ国で金融ライセンスを取得しており、安全性についても問題ないといえますね!

口座開設時や入金時にボーナスが貰えて、売買に使用可能

XMでは口座開設時や入金時や売買時・口座開設時にXMP(ボーナスポイント)が取得でき、残高が0の状態でもXMPを使って取引をすることができます。

XMPだけで取引していても利益が出れば現金として出金可能(XMPは出金不可)なので、口座を開設するだけでも少額ながら取引を楽しむことが可能です!

できる限り初期投資を行いたくない方であれば、XMPの範囲内で取引をおこないそこから利益をだしていくという方法を取れば、元手が0であっても利益を上げることができるということ!

レバレッジを効かせすぎるとすぐになくなってしまいますが、0.01~0.1枚などの少額の取引で利益や損失を実際にだしながら練習できると思えばいいのではないでしょうか?

どんなに少額でも実際にお金が増減しますので、デモトレードでは味わえない興奮を味わうことができますよ(´∀`*)

実は仮想通貨も売買できる!

XMの素晴らしいところは、今流行りの仮想通貨も種類は少ないながらも取引できることです。

そのためには専用の口座を作る必要がありますが、元々口座を持っていれば10分もかからず手続きが終了するので、仮想通貨を試してみたい人にもオススメだと言えるでしょう。

ただし仮想通貨を売買するときには888倍のレバレッジで取引できるわけではなく、2倍~5倍程度でしか取引できません

国内業者ですと仮想通貨にも25倍のレバレッジを掛けることができるところもあるので、仮想通貨に関してはある程度の軍資金がほしいというのが正直なところですね。

POINT

仮想通貨は値動きが激しく、レバレッジをあげることで損切りの可能性が高まるので、ゼロカットシステムを採用している業者は総じてレバレッジが低いです。

XMでトレードしてみたい方は、XM公式サイトをご確認のうえご登録ください。

スポンサーリンク

関連記事