2017/10/03 321views

昇給する努力よりも、副業したほうが手っ取り早く稼げる件について

皆さんがお勤めの会社というのは昇給がありますでしょうか?

私が努めていた会社は昇給制度というものが基本的に存在しておらず、役職につかければ給料が上がらないという鬼畜仕様でした。

幸いにも私は役職でしたので、平社員の方と比べるとそこそこの給料を頂いておりましたが、それでも役職が上がらないことには給料が上昇しないというのは正直やる気が起きません。

そこで、社内で昇給の努力をするよりも副業したほうが手っ取り早く稼げる理由を説明したいと思います。

※社内で副業が禁止されている方は抵触しないよう注意してください。

スポンサーリンク

平均昇給率は「月額の2%」しかない

労働者の平均昇給額は「月額の2%」と言われているそうなので、20万の給料だと4,000円。

年間にして48,000円の上昇となるわけですが、実際は税金やらで引かれる金額が出てくるのでもっと少ないです。

仮に20万の給料を30万まであげようと思った場合に、月額昇給率が2%固定の場合 21年 かかりますよって、大学卒業の23歳の年に就職し、30歳になったときでは約23万円しか給料がない状態。

35歳で約25万、40歳で約28万の給料と考えると、平均昇給率ではとてもではないがやっていけないですよね?

昇格することによって役職手当がつく

社内での努力が認められれば役職手当と呼ばれる、役職者にのみつく手当があります。

これは基本給にそのまま上乗せされるため、役職につくことで給料の底上げをすることが可能ですが、中小企業になるほど役職の数というのは少ないもの。

役職につくまでに10年かかるなんて企業も少なくはないはず。

そう考えると役職手当を当てにすることは間違っており、基本給の底上げ……つまり昇給で給料を上げるのが一番確実な方法になってくるわけです。

悪徳企業では役職手当すらあてにならない

こんなことをしている会社はすくないと思いたいですが、役職につくことによって「役職手当相当の基本給の減額」が発生する場合があります。

この場合、もらえる給料の総額は変わらないが「役職につく」という責任管理と、万が一役職が外れたときに「給料が下がる」というデメリットを負うことになります。

はっきり言ってこんな給料制度をとっている会社はクソですので、さっさと転職するなりしたほうがいいです。

ストレスで精神的にやられると共に、身体的に健康でいられなくなるというリスクを抱えることになりますので……。

副業で月に「1万」稼ぐのは難しいことではない

副業と言っても「アルバイト」「内職」「アフィリエイト」「ネットワークビジネス」など、探せば腐るほどの種類が存在しています。

その中で「月に1万円だけ稼げる仕事を探してください」と言われた場合、探すのは難しいことでしょうか?

難しくないですよね?

最低賃金の全国平均が平成29年10月1日時点で 848円 ですので、12時間も労働すれば1万円を月に追加で稼ぐことができます。

メインの仕事で収入に不満がないなら話は別ですが、不満のある方は昇給率や昇給額と相談(家庭がある人は家族とも相談)して副業に手をだしたほうが簡単に稼げます

副業で月に「10万」稼ぐのも不可能なことではない

仮にアルバイトで10万円追加で稼ごうと思うと、月に118時間ほどの労働が必要になります。

これは1日4時間弱を30日働いて得られる給料ですので、はっきり言って現実的ではありません。

ですが、1日1時間でいいのでネットビジネス(ブログ運営・アフィリエイト)やネットワークビジネスに時間を割くことが出来るのであれば、月に10万の副収入というのは手の届く実現可能な収入になります。

ネットビジネスもネットワークビジネスも収入を得るのは苦労する

ネット上に溢れている情報の中に、「ネットビジネスは誰でも簡単に収入が得られる」だとか「ネットワークビジネスはねずみ講なのでやらないほうがいい」だとかさまざまなものが溢れています。

どちらにも一長一短あるのは間違いなく、ネットビジネスの場合「成功者の発言が上位表示されるため目につきやすく」、ネットワークビジネスの場合「失敗談が上位表示されるので悪い印象を受けやすい」というもの。

ネットビジネスは収入を得るのに苦労するが、デメリットが少ない

ネットビジネスは正しい手順で取り組めば、比較的早い段階で収入を得ることができます。

こんなブログでも月に1万は超えています(記事執筆時)し、長期的に続けていけばさらに収益があがるのは間違いまりません。

ですが収益が上がるまでは、労働に対する対価というものが一切なく「誰だよ簡単に稼げるとか言ったやつ……」となります。

ですが、ネットビジネスは参入するのに初期費用がほとんどかからないので(サーバー代とドメイン代ぐらい)、自分でビジネスを始めてみたいと思う人には無限にチャンスの広がっている市場です。

ネットワークビジネスは最初が苦労するけれど、軌道に乗れば楽勝

ネットワークビジネス=ねずみ講という印象をもっている人は少なくないと思いますし、金・金・金ッ!!!!」というパートナーに勧誘された場合も悪印象を持つでしょう。

ですが健全にやっているグループに勧誘された場合は、勧誘される前からネットワークビジネスの話をしたいと持ちかけられますし、会社の母体や規模・商品の内容などを詳しく説明してくれるだけではなく無理な勧誘もしてこない通常のビジネスです。

はっきりいって、N○Kの勧誘のほうがよっぽど悪質なものだと思います。

最近だとネットワークビジネスの会社を広告代わりに使って、本命の後押しに使っている企業もありますので、ネットワークビジネス=悪というのは間違いですね。

女性に人気のあるモテマスカラシリーズを販売しているフローフシの系列企業にもワールド・レップ・サービスというネットワークビジネスの会社が存在します。

ここは還元率が頭おかしいレベルなので、ネットワークビジネスに興味のある方は誘われたときに話だけ聞いてみてもいいかもしれません。

FXや株式投資もしっかりと勉強すれば利益が出せる

私のメイン収入源が FX なのですが、FXも株式投資もしっかりと勉強して欲を出さなければ月ベースで言えばマイナスになることは皆無です。

マイナスになる最大の原因は「エントリーポイントの選定ミス」と「損切りせずに塩漬けにする」なので、この2つをしっかり勉強すればお小遣い程度を稼ぐぐらいならわけありません。

投資の世界で「きっと元に戻るはず」「ここから絶対にあがるはず」なんて考え方は破滅の元でしかないので、そんな考えを持ちながら投資している人は辞めましょう!

今は利益を出せていてもかならず損をする時が来ます。

まとめ

これから先、人のやる仕事はどんどん機械に奪われていきます。

人件費削減や、経費削減の名のものとに昇給どころか減給される可能性もあります。

大企業でもバンバン潰れていく時代になっていますので、一つの収入源に頼るのではなく複数の収入源をもってリスク分散するよう心がけていきましょう!

スポンサーリンク

関連記事