2018/07/25 143views

初デートのお会計は奢りか割り勘か? 場面によって使い分けよう

初デートのお会計は奢りか割り勘か? 場面によって使い分けよう

気になる女性との初デート♪

心を踊らせて、その日の流れを脳内シミュレーションしている男性も少なくないでしょう。

会話がはずんで楽しく過ごせればいうことないですし、緊張して上手く話すことができなかったとしても、次のチャンスがあれば挽回することはできます。

ですが……初デートの重要案件である、ランチやディナーなどの会計をどっちがどんな割合で持つのか? これに頭を抱える男性は少なくないはず。

今回はそんな悩みを解決するため、場面場面に合わせて「奢り」か「割り勘」のどちらがいいのか考えていきましょう。

スポンサーリンク

自分から誘ったなら「奢る」か「多めに支払う」ようにする

机の上のレシート

男同士であればご飯の誘いがあったとき、自然と割り勘で支払う流れになると思いますが、意中の女性と初デートのときに「割り勘で……」とは言い出しづらいですよね?

では自分から女性をデートに誘った場合、必ず奢ったほうがいいのか? というとそんなことはなく、近頃は奢られるのが嫌という女性も増えているので、女性の行動を見て奢るのか多めに支払うのか使い分けましょう!

女性が完全に待ちの姿勢なら奢ってしまう

いざ食事が終わって会計のタイミングになったとき、こちらが財布を出しているのに支払う素振りがこれっぽっちも見られない女性には、何も言わずに奢ってしまうのが無難です。

もともと奢るつもりだったのならまったく問題ありませんし、女性の態度でまたデートに誘うかどうかを決めようと思っていた方には、いい判断材料になります。

いくら割り勘でも構わないという女性が増えているとはいっても、食事は男性が奢るものという固定観念を持っている女性も少なからずいるので、喧嘩などにならないよう割り切って支払いを済ませましょう。

女性が支払いの意志を見せているなら、しっかり確認する

今日は絶対にオレが奢るんだ! と意気込んで初デートに向かう方もいるでしょうが、初デートで奢られるのは絶対に嫌だという女性がいることを頭に入れておきましょう。

そんな女性に対し「奢るからいいよ」なんて言葉をかけても、「悪いから半分出すよ」と返事を返されて終わってしまいます。

ここで頑なに奢ろうとしてしまうと、自分(女性)の意見を聞き入れてくれない人だと思われてしまうので、本当に構わないのかもう1度だけ確認して、端数分ぐらいは多く支払ってあげましょう。

誘った食事の金額次第では、最初から奢るつもりで

豪華なディナー

男性側からデートに誘った場合、基本的にエスコートするのは男性の役目ですし、デートプランも男性側が決めていることが多いでしょう。

このときにいい格好をしようと思って、ムダに高い食事に女性を連れて行く場合……どれだけお財布事情が厳しかったとしても、完全に奢るつもりで挑みましょう。

数千円程度の支払いなら割り勘をしてくれる女性もいますが、初デートの会計が割り勘で1万を超えてくると女性はためらうどころかドン引きです。

中には「ありがとう」だけ言って、支払いの意志を見せない女性もいるわけですが、奢らせるつもりのなかった女性からすれば「何この金額……ありえないんだけど」状態。

なので会計が2人で数万という高額な食事に行く場合は、スマートに支払う方法も考えておきましょう。

社会人が学生(年下)を初デートに誘う場合は奢ってあげよう

悩む女子高生

入社1年目の新入社員であろうが、係長や部長などの役職についていようが、学生と比べればお金を持っているのが社会人のイメージです。

もちろんこれが正しいわけではなく、学生アルバイトでも職種次第で月額20万前後稼ぐことはむずかしくありませんし、新卒社会人よりも月収が多い学生も世の中にはゴロゴロ居ます。

ですが女子学生からすれば、社会人とのデートということでいろいろ期待もするでしょうから、食事の会計とデート中に簡単なプレゼントの1つでも買ってあげる心構えはしておきましょう。

年上の女性を初デートに誘う場合は要注意!?

年上の女性とデート

女性の年齢に関係なく、男からデートに誘った場合はいい格好を見せておきたいもの。

ですが、年下の男性からデートに誘われたとき「素直に甘えてくる女性」と「姉御肌を見せる女性」がいることを頭に入れておきましょう。

素直に甘えてくる女性の場合は、奢るか多めに支払っておけば問題ありませんが、姉御肌の女性の場合……こちらが奢ってもらう可能性がでてきます。

女性の態度次第で捉え方は変わってきますが、基本的には「僕から誘ったんで半分ぐらいは出しますよ」と割り勘にするのが無難です。

相手が上司の場合は「少しぐらい顔を立てさせろ」なんて言われることもあるので、その場合は素直に奢っておいてもらいましょう。

女性から誘われた場合、基本的には割り勘でOK

意中の相手から突然デートに誘われる可能性もゼロではなく、誘うつもりが先に誘われてしまった……なんてことも十分にありえます。

少しでもいいところを見せたいと思って、会計を奢るなどの行為をしてしまいがちですが、基本的には割り勘で少し多めに支払うぐらいのつもりでいておきましょう。

女性側から誘ってきたにもかかわらず、会計時に支払いの素振りすら見せない女性は、あなたのことを食事を奢ってくれる都合のいい人と認識している可能性があります。

まとめ

昔は食事の会計は男性がだすもの! なんて風潮がありましたが、今はそんなものすっかりと薄れて「場面に合わせて支払えばいい」という、なんともありがたいものに変わっています。

私の嫁は10歳年下で、初デートのときこそ奢りましたが、それ以降は割り勘だったり嫁(当時は彼女)が奢ってくれたりとさまざま。

付き合ったり結婚したときのことを考えると、奢ってばかりの相手ではお小遣いなども期待できなくなってしまいますので、奢り奢られの関係を気づけるような相手を見つけられるのが理想的ですね!

スポンサーリンク

関連記事