2017/06/25 2,228views

【悪用厳禁】軽度な身体障害などを持つ人がUSJを100倍楽しむ方法

先日、33歳の誕生日を迎えたため嫁とUSJに行ってきました(´ω`)

ミニオンパークが開園したこともあり、天気もさほど良くない平日だというのにお客さんが随分と多かったです(;´Д`)

精神疾患から足にまともに力が入らず、杖をつきながら出ないとまともに移動できない私には正直辛い!

というのが現実なわけですが、嫁さんがUSJのことを調べてくれた結果……便利なサービスが有るとわかり利用してきました(´∀`*)

乗り物には乗れるけど、身体的な理由で移動や待ち時間が正直つらい……という方には是非とも使っていただきたいサービスなので紹介してみようと思います。

スポンサーリンク

USJで当日限り使えるゲストサポートパスが超便利!

USJに入るには「スタジオ・パス」か「年間パス」と呼ばれるものが必要になるのはご存知だと思いますが、それ以外にも「エクスプレスパス」というものが別売りされています。

「エクスプレスパス」を購入すると通常のアトラクション待ちの列とは別に「エクスプレスパス」専用の列に並ぶことが出来、ほとんどのアトラクションを短い待ち時間で体験することが可能になっています。

ですがエクスプレスパスは「有料」であることと「売り切れの可能性がある」ため、予め準備していないと当日に購入できない場合もあり確実に利用できる方法ではありません(;´Д`)

そこで登場するのが「ゲストサポートパス」なのです!

ゲストサポートパスとはなんなのか?

USJに入ってすぐ左側にある「ゲストサービスのロビー」にて、手続きをすることでもらうことが出来る「特殊なパス」です。

こんな感じのやつですね。

  • 身体的障がいやその他の理由により、アトラクションに並んで待つことが困難な方が利用できるパスです。
  • ご利用時間を記入後はアトラクションの列に並んでいることになりますので、他のアトラクションを利用することはできません。
    あらかじめご了承ください。

詳しいサービス内容は「ゲストサポートパス(USJ公式サポートページ)」を御覧ください。

ゲストサポートパスの特典が便利すぎてヤバイ!

上記にも記載していますが「ご利用時間を記入後はアトラクションの列に並んでいることになりますので」という一文、察しの言い方はこれだけでわかると思います。

そう!

列に並んで待っている必要が無いんです!!

利用したいアトラクションへ出向き、そこで利用のための予約をします。

すると予約をした時間から現在の待ち時間を足した時間が、ゲストサポートパスに書き込まれます。

そしてゲストサポートパスに記載された利用時間にアトラクションへと出向けば「待ち時間0」でアトラクションを利用することが出来ます。

アトラクション利用時間までは何処で何をしていてもOK!

飲食店で座りながら時間を潰しているもよし、ショップへ行って買い物をするもよし、トイレやタバコを吸いに行くもよし。

「予約したアトラクション以外のアトラクションを利用する」ということ以外なら、何をしていてもいいんです!

で、予約時間になったら予約したアトラクションへ出向くだけ。

ものすごいVIPな扱いを受けている気分になれますw

ゲストサポートパスは障害などが無いと利用できないのか?

恐らくですが、利用できます。

対象者の条件がUSJの公式ページを見ても上記に記載した条件以外載っていないので「身体的障がいのある人やその他の理由」としていますが、見た目が健康そうな人でも使っている方がおられたので別の理由でも使えるはずです。

もしも身体的理由以外で長時間列に並ぶのがしんどい理由があるのなら、一度ゲストサービスに行ってパスがもらえるかどうか訪ねてみると良いかもしれません(´ω`)

スポンサーリンク

関連記事