2017/06/30 106views

煙草は吸いながらでもやめられる!? 禁煙グッズ無しで禁煙する方法

元重度のヘビースモーカーぽよまるです(´ω`)

今回は私が実際に成功した「煙草を吸いながら禁煙する方法」を教えてみたいと思います。

今まで何度も禁煙に挑戦しているけれど、それでも失敗する……

いくつも禁煙グッズや外来に通ってみたけど成功しない……

そんな人に試してもらえれば良いのではないかなと思います。

スポンサーリンク

禁煙すると決めても、いきなり辞める必要はない

これがものすごく重要だと私は思います。

なぜならば、今まで習慣づいていたものをいきなり辞めるというのはかなりの労力と精神力を必要としますし、なによりニコチン中毒になってしまっている身体にとっては非常に負荷がかかる。

なら「別に吸ってしまってもいいじゃない」ぐらいの気持ちで禁煙を開始するほうが気分的には楽なんですよね。

だから、禁煙すると決めてからも煙草は吸ってもらって構いません!

吸っていいなら禁煙出来ないんじゃないの?

と思うのは当然のことなので、何も無制限に吸ってよいわけではありません

カートン買いしている人などは、残っている煙草がなくなったら禁煙する。なんてことを考えたりもするでしょう。

ですが「残っている煙草がなくなったら」「この煙草を吸い終わってから」で禁煙出来る人は限りなく少ないと思います。

実際に私もその方法で辞めようと思ったときは辞めれませんでしたし……

なので最初に以下のことを実行します。

  1. カートン買いしている人は1箱ずつ買うようにする。
  2. 禁煙しようと決めた日から一日に吸っている本数を半分に減らす
  3. 一日の途中でタバコが無くなったら、その日は煙草を購入しない

これなら簡単ですよね?

一日1箱の人であれば、2日で1箱に抑えるように考えて吸う。

カートンで買っていた人は常時予備のある状態から、残りの本数を気にしなければいけないようにする。

最初のワンステップはこれで十分なんです。

この3つの項目が守れるようになれば、次のステップに進みます

吸ってもいいけど自分の意思で吸わないようにする

禁煙で一番しんどいことは、吸いたくて吸いたくて仕方ないのに煙草を吸えないことです。

そして、それを我慢できずに吸ってしまうと「もう吸ってしまったからいいや」となって禁煙が失敗する。

私の友人周りや職場でも、このパターンで禁煙に失敗した人が数多く存在します。

ですが「別に吸っても構わない」となっていれば、どうしても我慢できないときは吸えますよね? けど、その一本を吸ったからといって禁煙が失敗したとは思いません

だって吸っていいのだから!

ここで重要なのは「自分で吸うタイミングを決めて吸う」ということです。

今までは「仕事の休憩時間のたび煙草とコーヒーをセットにしていたところを、食後だけにしてみる」だとか、「一日に吸っても良い時間を決めて、その時間にだけ吸う」だとか。

自分の意思で少しずつ煙草を吸う本数を減らしていくんです。

すると煙草を吸わない時間が自然と伸びていき、喫煙本数が徐々に減っていきます。

 煙草を吸わない日が3日を超えたら吸うのをやめる

自分の意思で吸う本数を減らしていくと、食後などの一番吸いたいと思う時間以外は「吸いたいけれど今はいいや」と我慢できるようになってきます。

これは血中にあるニコチンの濃度が下がってきた状態に身体が慣れ始めてきているためであり、不安感やイライラ感と言ったものが少しずつですが改善されてきいる証拠です。
※ニコチンの血中濃度の半減期は30分~1時間ほどであり、それを超えるとニコチンへの渇望として喫煙したくなるという欲求が生まれる。

そしてニコチンによる離脱症状は、一般的に禁煙開始から3日後……

つまり、ニコチンを摂取しなくなってから3日後がピークとなります。

最初の3日我慢したら辞められる」というのは、この離脱症状のピークを乗り越えられるかどうかを指していると言ってもいいでしょう。

なので、少しずつ血中のニコチン濃度を減らしていき、離脱症状を緩和させてしまおうというのがこの煙草のやめ方になります。

ニコチンはヘロイン・コカイン・大麻などよりも依存度が高い

言うまでもなくアルコールやカフェインよりも依存度が高いです。

と聞けば、いかに禁煙するのが難しいかわかると思います(;´Д`)

TVの特番なので「薬物中毒者が何度も薬物に手を出してしまう」ことなどを扱ったりしていますが、その薬物よりもニコチンのほうが依存度が高いのです。それをいきなりやめようと思っても難しいのは当たり前なんですね。

なので、薬物依存症を禁断症状無しでやめるためにどうすれば良いのかを考えると、薬や麻薬などでもよく用いられる手法……

徐々に摂取量を下げていって、最終的に0にする。

これが一番簡単で効果の高い方法だと私は思います(´ω`)

POINT

煙草は他の依存度の高いものより簡単に入手することが出来るため「吸いながらやめる方法」をおこなったとしても、自分自身にやめる意思がなければやめることは出来ません

本気で煙草をやめたい人は、少しずつでもいいので強い意思をもって禁煙に取り組みましょう!

スポンサーリンク

関連記事