2017/08/16 5,365views

家庭用脱毛器「ケノン」を1年使ってみた効果と結果を徹底解説!!

女性の80%は男性にムダ毛処理をしてほしいと思っている!!

当サイトがアンケートを取った結果、 男のムダ毛、処理してほしいと思っている女性は80%!!と非常に高い結果になっており、他のアンケートサイトを見てもだいたい同じような数字が発表されています。

ですがムダ毛処理とはいっても、除毛や脱毛したらツルツルになりますし、剃ったら剃ったで見た目が悪いだけではなく、毎日処理しなければいけなくなり非常に面倒です。

とはいえ、このページを見ているということは少なからずムダ毛処理に興味があるはずですので、家庭用脱毛器「ケノン」を1年使ってみた効果と結果を余すことなく教えてしまいましょう!
※男性のムダ毛画像が出てくるので注意してください。

スポンサーリンク

男性ユーザー300×250

ケノンを使おうと思ったきっかけ

家庭用脱毛器に限らず、除毛クリームや抑毛剤などを使用する方の悩みは「毛深い」ことだと思います。

私も元々は腕や脚だけではなく、お腹にまでモジャモジャと毛が生えており、見た目が良くないから……という理由でタンクトップやハーフパンツを避けたり、プールや海に行ったりするのが嫌でたまりませんでした。

はっきりいってこれは私が思っているだけであり、世の中の男性を見渡せば私よりも毛深い方は多数いますし、それを気にせず生活している方も少なくありません。

ですが自分が嫌なものは嫌なので、何も気にせず嫁とオシャレや遊びを楽しむんだ! と思い、男性にも効果があると評判の家庭用脱毛器「ケノン」を使おうと購入を決心しました。

また、ケノンを使用する前に「 Veet(ヴィート)の除毛クリームは男性にも効果があるのか試した結果」で除毛を行ったのですが、脱毛ではなかったため抑毛として「 シーズンズ アフターケアトリートメントを2週間ほど試した結果」も実践しています。

効果のほどは……聞かないでください。

実際にケノンを1年使ってみた感想

この記事を初めて公開したのが 2017/08/16 で、その時点で1ヶ月半ほど使用していました。

ケノンや除毛剤・抑毛剤などを使う前の、毛深いときの腕がこんな感じです。

見てもらえばわかるように、モッサリ毛が生えています。

それが1ヶ月半ケノンを使用することでずいぶんと様変わりし、

こんな感じのムダ毛がほとんどない状態になりました。

当時は2週間ほど毛の処理をしていない状態で撮影しており、拡大してもこんな感じ。

ただ1ヶ月半しか使用していなかったので、この後には元の毛と同じ太さとまでは言いませんが、普通にムダ毛が生えてくる状態でした。

で、肝心の1年使ってみてどうなったのかというと……こんな感じ。

ケノン使用後1年の腕

ところどころ産毛のようなものが生えていますが、3ヶ月ほどケノンやムダ毛の手入れをしていない状態だといえば、どれぐらい効果があったのかわかってもらえるのではないかなと思います。

最初のうちはムダ毛が生えてくる周期が早い箇所もあったので、ケノンでバチバチやるのが面倒だと思っていた時期もありますが、今はたまに生えてくる濃い毛だけバチバチやっている状態。

去年まで着るのに抵抗のあったタンクトップやハーフパンツも、ムダ毛を気にすることなく着れるようになったのは嬉しいですね!

検証記事 家庭用脱毛器の効果を口コミではなく「論文」などから検証してみた

ケノンを1年使ってみて感じたデメリット!

腕だけではなく、足やお腹・ヒゲもしっかりと脱毛してくれているケノンですが、1年使ってみるとデメリットを感じることが少なからずあります。

そこでケノンを1年使ってみて感じたデメリットを、余すことなく公開しちゃいましょう!

購入金額が高い

これは購入当時に思っていたことで、現在は元が取れたなーと思っているわけですが……

69,800円は決して安価ではありません!

これは家庭用脱毛器全般に言えることですが、エステやクリニックに行く手間や金額と比べると安価だけど、実際に効果があるかどうかわからない商品に数万円出すとかはっきり言って頭おかしいです。

今はネットで口コミを調べればいくらでもでてきますし、実際に効果があるかどうかも調べることはできますが、効果に個人差があるので口コミだけを信用して買うと痛い目を見ることもあります。

その点を考えると、ケノンの初期投資額はデメリット以外の何物でもありません。

安価な家庭用脱毛器で、それなりに効果のあるものを使いたいのであれば「 ツーピーエス」がオススメだったのですが、こちらも新商品が発売されてケノンと同程度の価格になっているのが残念なところ。

旧式もそのまま購入できるようなので、ケノンは高すぎるからもう少し安価なものをお探しの場合、「 ツーピーエス」も家庭用脱毛器の候補に入れてみてください。

1人で全身脱毛できない?

当たり前のことですが、手の届かないところは脱毛できません!

そのため背中などをケノンで脱毛しようと思うと、体がめちゃくちゃ柔らかい人でもない限り、ムラだらけで残念なことになります。

鏡を見ながらやっても限界はありますし、背中の毛が一番脱毛したい場所なんだけど……という方は、素直にエステかクリニックに通ったほうがいいです。

それ以外の場所は、よっぽど体が固くない限りは1人で脱毛できますので、全身脱毛できるけど背中を脱毛するのは困難極まりないと覚えておきましょう。

手伝ってくれる人なんていないんだけど……って方は「 抑毛石鹸ケースルー」を使うと幸せになれるかもしれません。

ただこの抑毛石鹸には罠が潜んでいて、効果が顕著に現れる方が全身を洗うのに使用していると、陰毛まで薄くなっていくので注意が必要です。

定期的に使うのが面倒くさい

ケノンに限らずエステやクリニックに通うのもですが、1度の施術ですべての脱毛が完了するわけではありません

ケノンに関して言えば2週間に1回使用することで効果が出るとされていますので、エステやクリニックに通わなくていい代わりに、自己処理を定期的にやらなければいけません。

もちろん使用期間が伸びれば、3ヶ月程度無処理でも産毛しか生えてこないような状態になることも可能ですが、それまでがめんどくさいです。

とはいえ1回で全身の施術をするわけでもありませんし、

「右腕」→「左腕」→「両脇」→「右足膝上」→「右足膝下」→「左足膝上」→「左足膝下」→「お腹周り」→「背中」→「デリケートゾーン」→「ヒゲ」→「美顔」→「右腕」

のように部分部分をローテンションで行えば、毎日のスキマ時間や寝る前に脱毛できるうえ1回の施術時間も短いので、これを手間だと思わなければデメリットではありません。

毛深い場所は処理しているのがわかる

隠れて自己処理したい人には悲報となるわけですが、毛深く毛の1本1本が太い場所というのは処理をしていてもわかります。

左が無処理の状態で、右のケノン使用後1ヶ月半の状態。

1ヶ月半使用した足を拡大してみると下画像のようになるので、よく見てみてください。

こんな写真でも、毛が生えていたんだろうなーという場所は簡単にわかりますよね?

もちろん使用期間が長くなれば長くなるほど、効果が現れれば現れるほど処理しているのは分かりづらくなっていきますが、処理を初めて最初の数ヶ月はハーフパンツなどを履くのはやめておいたほうが無難です。

ほくろや入れ墨のある場所は要注意!

ケノンのフラッシュ脱毛は黒い部分に反応しているので、ほくろや入れ墨といった肌が黒くなっている場所に使用すると、極端に熱をもってやけどすることになります。

とはいえ小さなほくろ程度であれば、きちんと冷やして照射すれば最大レベルでも我慢できる程度の痛みなので問題ないと言えば問題ありません。

ですが入れ墨のはいっている場所は、広範囲がやけどのような状態になってしまうので使用することは控えたほうがいいでしょう。

ほくろや入れ墨のはいった場所を施術するのが心配であれば、マスキングテープなどで黒い部分を隠してやれば安全に使用することができます

 

というわけで、簡単にまとめるとケノンのデメリットはこんな感じ!

ケノン本体がそれなりに高い(69,800円)。

背中を脱毛するのが1人では難しい。

定期的に使うのが面倒くさい。

最初の数カ月は処理しているのがわかる。

ほくろや入れ墨のある場所は要注意。

ケノンを1年使って感じたメリットは!?

先程はケノンを1年使って感じたデメリットを紹介しましたが、次はメリットの方を紹介していきたいと思います。

デメリットを見て「じゃあ買うのを止めようかな……」と思った方も、とりあえずどんなメリットがあるのかだけでも見ていってください!

購入費用は高いけどコスパは抜群にいい

デメリットでケノンの価格が高いと言いましたが、あくまでも1度に払う金額としては高いというだけです。

1度購入してしまえば、その後に脱毛や除毛でお金をかけることはほぼありません。

これにはしっかりと理由があって、現在のケノンに標準装備されているプレミアムカートリッジは、最小出力で100万回・最大出力で30万回の照射が可能です。

ヒゲや脇などは照射回数が少なく、腕や足は照射回数が多いとを考えても、1日の平均照射数は50回もありません。

1日50回の照射を365日続けたとしても18,250回の照射回数にしかならず、最大出力で使い続けたと仮定しても16年ぐらいは使える計算になります。

16年も経てばもっといい家庭用脱毛器も販売されているでしょうし、その頃には脱毛なんてとっくに完了しているはずなので、ケノン以外に追加費用がかからないというのが嬉しいところですね♪

余裕で全身脱毛できるハイパワー

背中は1人でやるのが難しいと言いましたが、背中も含め頑固なヒゲなども長期間使用することで余裕で脱毛できてしまいます。

その理由がコレ!

ケノンは数ある家庭用脱毛器の中でも段違いに出力が高く、最大出力であれば業務用並のハイパワーなフラッシュ脱毛を家庭で扱うことができるということ。

しかもエステで脱毛するのと違い、急な予定が入っていけなくなった……なんてこともないので、自分の好きなタイミングでしっかり施術できるのもポイント!

また口コミやレビューで効果があまり見られないといわれるヒゲですが、私はケノン使用後3ヶ月半程度でこんな状態になりました。

これは1週間ほどヒゲ剃りを行っていない状態で、それ以降はポツポツとヒゲが生えてくるといった状態。

ですが1年使用した現在は、1ヶ月程度なら無処理でもヒゲが生えてくることはほとんどなく、生えてきても1本2本生えてくる程度なので、ケノンを1回照射するだけで処理が終わります。

不衛生に見える青ヒゲも使い続ければ改善される可能性が高いので、1ヶ月や2ヶ月で様子を見るのではなく、半年以上の長い目で見れば十分に効果を発揮してくれるはずです。

ヒゲの脱毛に関してだけ言えば、プレミアムカートリッジではなくストロングカートリッジを使ったほうが効果的です。

というよりも、ストロングカートリッジでないとヒゲが濃い方にはほとんど効果がない可能性がありますので、ヒゲの脱毛をしたい場合は購入特典またはオプションでストロングカートリッジをつけて購入するようにしましょう。

美顔機能で肌のハリがよくなって若返り効果も!?

ケノンにはオプションで美顔器がついており、フォトフェイシャルと呼ばれる光治療を行うことができます。

フォトフェイシャルには、ほうれい線や眉間のシワといった深いものを改善するほどの効果はありませんが、浅いシワやたるみの改善が期待できる他、若返りやスキンケアといった効果を得ることができます。

ケノンに装着できる美顔器でも同じような効果があり、使っていれば顔だけではなく腕や足なども肌がキメ細かくなるのか、水を弾かなかった肌でも水を弾くようになりました。

ですが私が言いたいのは美顔器を使ったらそうなったよ! ということではなく、普通に脱毛器としてプレミアムカートリッジを使用していただけで、腕や足が水を弾くようになっていったということ。

美顔器いらなくね? とも思いますが、フォトフェイシャル用の美顔カートリッジとプレミアムカートリッジでは出力や光の波長が違うので、シミやシワなどに対応したい場合は大人しく美顔カートリッジをオプションでつけましょう。

現在私は30代中盤ですが、初対面の方には20代中盤から後半程度の年齢に見られるので、若返り効果も十分に発揮してくれていると言えます。

操作が簡単なのでながら作業ができる

ケノンは機械音痴な方でも操作が簡単で、基本的に「電源ボタン」「modeボタン」「UPボタン」「DOWNボタン」の4つしかボタンがありません!

しかも、同時に押したりをする必要が一切なく、液晶ディスプレイを見ながら「modeボタン」でモードを選択肢「UPボタン」「DOWNボタン」の2つで照射の強弱であったり設定のオンオフで合ったりを切り替え出来ます。

また照射モードにも手動と自動があるので、自動に設定しておけばテレビなどを見ながら気楽に施術を行うことが可能なのも嬉しいところ。

目のことを考えると付属のサングラスを付けたほうがいいのでしょうが、視線をそらしておけばそれほど眩しいというわけでもないので、脱毛行為だけに時間をとられることが少なく済むのがいいですね!

ムダ毛を気にしなくて良くなる

ケノンの購入や使用を考えている大半の方が1番気になる部分だと思いますが、ムダ毛を気にする必要はなくなります。

まったく気にしなくてもいいというわけではありませんが、服やズボンの裾から覗くムダ毛なんてなくなりますし、剛毛で不潔に見えることもありません。

夕方になって朝に剃ったヒゲが青くなってきている……なんてことも無くなります。

今から思うと、ムダ毛を気にして着たい服を着れなかったり、海やプールへ行くのに抵抗があったのがバカらしく思えます。

もっとも……ポチャポチャのお腹はケノンでは凹みませんので、素肌を人に見せる機会があるのであれば、しっかりと鍛えるなりして引き締まった体を作る必要があります。

せっかくムダ毛処理をしているのに、ボディメイクをしないのはもったいないですよ。

 

というわけで、ケノンのメリット簡単にあげるとこんな感じになります。

購入代金は高いけど、コスパは抜群にいい。

エステサロンに匹敵するハイパワー脱毛。

フォトフェイシャルでシミ・シワ対策もできる。

簡単操作でながら作業がはかどる。

ムダ毛というコンプレックスから開放される。

ケノンの評判は? 口コミを見てみよう

1年使用したメリットとデメリットを書いてみましたが、これは私が感じたことで他の使用者が同じことを思っているとは限りません。

というわけでケノンの口コミを調べてみましたので、ケノンがどんな評価をされているのか見ていきましょう。

ケノンの悪い口コミ

20代男性

ヒゲが濃いので使用しましたが、3ヶ月ほど使っても薄くなる気配がありません。
腕の毛は薄くなってきているので効果はあるのでしょうが、ヒゲの脱毛はクリニックに通ったほうがいいです。

20代男性

使うたびに照射箇所を冷やすのがめんどくさい。
腕と足を同時に処理したら1時間以上かかったので、こまめに回数をこなさないといけないのが辛い。

30代男性

営業職で夕方には青ヒゲが生えてくるので、ケノンで脱毛してみようと思い購入。
ところどころ薄くはなっているのだけど、生えている場所と生えてこない場所ができてブサイクに見える。

30代男性

敏感肌でもないから大丈夫だろうと、いきなりレベル10で照射したら火傷をした。
徐々にレベルをあげていかなかった自分が悪いけど、火傷するようなもので完全自己責任はどうかと思う。

40代男性

剛毛に悩まされ続けていたものの、クリニックなどに通う勇気はなくケノンを試してみた。
今ではほとんど毛が生えてくることはないが、脱毛できるまでに1年以上かかるのは予想していなかった。

ケノンのいい口コミ

10代男性

ムダ毛があるよりはないほうがいいと思い、姉の使っているケノンを使わせてもらいました。
元々毛が薄かったからか、3ヶ月程度でムダ毛がほとんどない状態になりました!

20代男性

クリニックへ通うのに抵抗があるのでケノンを購入。
数回使用した頃には腕毛とスネ毛が薄くなっているのを実感でき、半年経つ頃にはヒゲもほとんど生えてこなくなった。

20代男性

家でテレビを見ながら使えるのがいい。
効果が出るまでに半年ぐらいかかったけど、今まで毛深いのに悩まされていたことを思えば、もっと早くから使っておけばよかったと思う。

30代男性

ビジネス本でデキる男は身だしなみからというのを見て、弛んだ体の引き締めと脱毛・小麦色の肌を手に入れるのを目標にして購入。
2ヶ月程度で腕毛が薄くなり、半年も経つ頃にはヒゲ以外は手入れする必要がないほどに。

ヒゲも薄くなっているので、手入れしなくて良くなるまでは使い続けたい。

40代男性

娘に勧められて(おねだりされて)購入。
髭の手入れが楽になればいいぐらいの気持ちで、娘が使わないストロングカートリッジを使ってみたところ、みるみるヒゲが薄くなっていった。

昔に家庭用脱毛器を妻が使っていたが、まったく効果がなかったので驚きしかない。

ムダ毛がないとプライベートも仕事も充実する!

「ムダ毛がなくなったくらいで何いってんだお前?」と思われそうですが、ムダ毛を気にしている方からすれば、ムダ毛の有無はかなり重要なことです。

まずムダ毛がなくなって変わることは、ファッションの幅が驚くぐらいに広がること!

タンクトップからはみ出る脇毛や、ハーフパンツの下から伸びるスネ毛を気にすることもありませんし、女性と食事に行ったときに手の甲にある毛が濃くて相手を不快にさせることもなくなります。

私も面白半分でやっていますが、ムダ毛がないので女装を楽しむこともでき、体型によって日常のファッションにレディース服を取り入れることも可能に!!

メンズよりも種類が豊富なうえに価格も安価なので、着ても違和感のないものなら問題ないプライベート用の服として使うことができます。

 

次にムダ毛が無くなることで美意識が高まるので、スキンケアやオシャレに気を使うようになり清潔感が前面に押し出されため、女性から好印象を受けることが多くなります

人は見た目が9割なんて言ったりしますが、初対面の相手ほど効果が高くなるので彼女がほしい! なんて思っている方は、脱毛と言わず清潔感を気にするところから始めるといいかもしれませんね。

 

さらにさらに、仕事で関わる方にも好印象を抱かれる場合が非常に多く、同年代のスキンケアをしていない男性と比べたら非常に高確率で若く見られます

私は在宅ワークなので人とあって仕事をすることは少ないですが、それでも引き受けた仕事の兼ね合いでは対面でお話するときも。

そのときは相手が見た目に気を使っていればいるほど話が脱線して、スキンケアやエイジングケアの話をしたうえで話がまとまることも少なくないので、ムダ毛処理やスキンケアをしていてよかったなと思います。

「ケノンvsクリニックで脱毛」お得なのはどっち?

まず最初に、ケノンの本体価格は公式サイトで購入すれば69,800円(税込)です。

これでも十分に高いのですが、いくつかのクリニックや美容外科での脱毛の金額を見てみましょう。

クリニック 部位 回数 料金
メンズ脱毛専門店R 全身 1回 98,000円
Gクリニック 全身 5回 570,000円
MRクリニック 全身 5回 298,000円
S美容外科 全身 6回 435,370円

他にもクリニックは多数ありますが、料金としては1回~6回の施術で10万円~60万円程度になっており、高い場所だと80万円程度かかることもあります。

場所によってはヒゲの脱毛◯回で69,800円なんてクリニックもありましたので、価格だけ見れば完全にケノンに軍配が上がります。

ですが高価なクリニックにも利点はあって、ケノンがフラッシュ脱毛であるのに対し、GクリニックやMRクリニックなどは医療レーザー脱毛を用いているので、永久脱毛が可能だということ。

また施術回数が圧倒的に少なく済むのも医療レーザー脱毛の特徴で、5~6回程度でケノンを半年から1年地道に使用した程度の効果は得ることができるでしょう。

ケノンはヒゲに効果が少ないという口コミもありますので、ヒゲだけクリニックで処理してもらい、他の部位はケノンで脱毛するなど使い分けてみてもいいかもしれませんね。

まとめ

男性目線でケノンを使用してみた感想を書いていますが、女性でも全く同じように使用できるので使い続ける根気があればオススメな脱毛器だと思います。

VIOラインなどのデリケートゾーンも問題なく使用できるので、今の季節から使用すれば次の夏にはムダ毛の手入れをほぼしなくても良い状態になるんじゃないかな!

とはいえ、やりだした直後から効果を期待してもそこまで……って感じなので、明日にも脱毛してなきゃいけないんだ!! って人には除毛クリームやブラジリアンワックスをオススメします。

ケノンはエステで脱毛するのと同じく、長期間かけて使うものだと思っておいてください。

スポンサーリンク

脱毛器ケノン

関連記事