2018/03/04 36views

メンズスキンケアを1から解説! デキる男を演出しよう

メンズもスキンケアをやったほうが良いと言われるようになりしばらくたちますが、あなたはスキンケアをやっていますか?

スキンケアなんかやらなくても肌にハリはあるし、毛穴に汚れもないという人はやらなくても問題ないのでしょうが、シミやシワ・毛穴の汚れに悩んでいるならスキンケアはやったほうがいいです。

これは男性が女性を見るときも同じなのでわかりやすいと思いますが、肌がキレイになるだけでも女性からの印象というのは良くなるからですね。

もちろん同性からの印象も良くなりますので、肌の衰えやシミ・シワなどで悩んでいるならスキンケアはやっておいて損はありません。

ですがスキンケアの効果もわからなければ方法もわからない……

そんなあなたのためにメンズスキンケアを1から解説していきますので、面倒くさがらずにデキる男を演出しちゃいましょう!

スポンサーリンク

スキンケアにはどんな効果があるのか?

スキンケアを始める前に、スキンケアをすることでどんな効果があるのか?

それを知っておかないとスキンケアをやる意味がわからないと思いますので、簡単にスキンケアの効果にはどんなものがあるのかを知っておいてもらおうと思います。

基本的なスキンケアの効果というのは以下の3つ

  1. 保水
  2. 保湿
  3. 紫外線対策

医薬部外品や医薬品のようなものを除けば、市販している化粧品によるスキンケアの効果はこれだけです。

また化粧品の効果がおよぶ範囲は『角質層まで』と薬事法で定められていますので、肌に浸透などと謳い文句をあげていても角質層より先に効果がおよぶことはありません。

ですのでスキンケアは角質層のケアをするものだと思ってもらえばいいです。

女性よりも男性のほうがスキンケアをしたほうがいい理由

スキンケアは角質層のケアをするためのものだと説明しましたが、どうして女性よりも男性の方がスキンケアをしたほうがいいのか?

いくつか理由はあるのですが、簡単にあげると以下のような理由です。

  1. 女性よりも肌が乾燥しやすい
  2. 肌が乾燥しやすいために皮脂が分泌されやすい
  3. ヒゲ剃りなどで肌にダメージを与えている
  4. 紫外線対策をする人がほとんどいない

皮脂が分泌されやすいというのはテカリのある方ならば納得するでしょうが、テカっているのに乾燥しやすいってどういうこと? と思う方がいると思います。

皮脂の分泌量が多くテカりやすいということは、肌の水分が不足しているためそれを逃さないように皮脂を過剰分泌させている可能性が高く、しっかりと保湿してやれば長時間テカらないことも少なくありません。

またヒゲ剃りのときに使うシェービングフォームは肌を傷つけないために使うものですが、シェービングフォームを流すときに皮脂などの保湿成分も一緒に洗い流してしまっていることがあります。

紫外線対策に関しては、色白の男性よりも薄っすらと色の付いた肌をしているほうが健康的で魅力的にみえることから、わざわざ紫外線を浴びて体を焼いている人もいると思います。

ですが紫外線は肌を老化させシミやシワの原因になるため、いつまでも若々しく見られたいのであれば絶対にケアしておきたいところですね。

注意事項

人によっては、スキンケアをすることで肌荒れなどがおこることがあります。

肌荒れなどが起こった場合はスキンケアを中止し、医師に相談するかスキンケア用品を肌に合うものへ変更しましょう。

スキンケアのはじめ方

いざスキンケアを始めようと思っても、今までやったことがないことはなかなかやり始めるのが難しいもの。

ましてスキンケアは一昔前まで女性がやるものと思われていましたし、男がスキンケアなんてやる必要ないだろ! と思う方もいらっしゃるでしょう。

ですがさきほども説明したとおり、女性よりも男性の方がスキンケアをしたほうがいい理由が多く、スキンケアをしっかりとすることで同年代のケアをしていない男性よりも、若くカッコよく見られる可能性が高まります!

なので最初は、スキンケアに必要なものを揃えることから始めましょう。

スキンケアに必要なもの

スキンケアに必要なものは人によって違います。

ですが最低限必要なものというのは同じですので、まずはそれを見ていきましょう。

洗顔料と泡立てネットか泡立て器

洗顔料は顔を洗うために必要なもので、泡立てネットと泡立て器は洗顔料を泡立てるために使用します。

ポンプ式で最初から泡が出てくるタイプの洗顔料を使用する場合には、泡立てネットも泡立て器も必要ありませんが、ポンプタイプのものよりきめ細かい泡が作れるチューブタイプの洗顔料を個人的にはオススメします。

オールインワンジェルか化粧水・乳液などの基礎化粧品

スキンケアの手順は、

  1. 化粧水で肌に潤いを与える
  2. 肌の悩みに合わせた美容液を塗る
  3. 乳液やクリームで保湿する

という流れなのですが……化粧水と乳液やクリームだけでも、品質の高いものを個別で買うと結構な金額になります。

しかも洗顔からの手順が増えてしまうため、今までスキンケアをしていなかった方が突然これらを始めても長続きしない可能性が高いです。

なのでオールインワンジェルという、化粧水・美容液・乳液の役割をひとつで担ってくれるものがあるので、そちらを購入して使用することをオススメします。

個別タイプのものより効果が落ちるかといえばそんなことはなく、しっかりと保水と保湿をしてくれますので、スキンケアはしたいけど時間はかけたくないという方はオールインワンタイプのものを選んでください。

超手軽にスキンケアを始めたい人のお手軽商品

最低限必要なものは、洗顔料とオールインワンジェルの2つだということがわかったと思います。

ですがオススメ商品が掲載された記事があるけど、その中のどれを選べばいいの?

という方も少なくないと思いますので、安価で手軽にスキンケアを始めることのできる洗顔料とオールインワンジェルを勝手に選ばせてもらいました。

どれにしようか悩んだ人はこれを使ってスキンケアを始めてみてください。

洗顔方法

洗顔方法の流れは、簡単にいうと以下の6ステップです。

  1. 手を洗って清潔にする
  2. 30~35度のぬるま湯で先洗いをする
  3. 洗顔料をしっかりと泡立てる
  4. 作った泡を顔に乗せ、泡で撫でるように洗う
  5. 洗い残しがないようにしっかりとすすぐ
  6. 清潔なタオルで水気をとる

これだけ見ても結構な手間に思えますが、面倒だと思うのは最初の数日だけ。

起床直後の洗顔はぬるま湯で軽く顔をすすぐだけでも大丈夫ですので、学校や仕事から帰ってきた後、お風呂に入る前に洗顔をする癖をつけておくと無理なく続けることができます。

面倒なら入浴中にやっても構いませんので、肌の汚れや毛穴の黒ずみが気になる人は必ずやるようにしましょう!

スキンケアの方法

上記でも一度触れていますが、スキンケアの方法は

  1. 化粧水で肌に潤いを与える
  2. 肌の悩みに合わせた美容液を塗る
  3. 乳液やクリームで保湿する

という順番で行います。

ただしこれは化粧水や美容液・乳液にクリームなどを個別で使用した場合の手順であって、オールインワンジェルを使っている場合は、

  1. オールインワンジェルを塗る

だけになりますね!

スキンケアのQ&A

スキンケアのよくある質問と解答。

メーカーの違う基礎化粧品を組み合わせた大丈夫なのか?

基本的には問題ありません。

シャンプーとリンスは洗い流す成分と、補給する成分の兼ね合いで同じメーカーの同じ種類のものを使用したほうがいいですが、スキンケアは肌に足りない成分を補給してケアするものです。

よってメーカーが違うものを使用しても大丈夫なのですが、組み合わせによっては肌荒れなどを起こす可能性もないとはいえないので、自分の肌に合ったものであれば大丈夫ということになります。

女性用の基礎化粧品を使っても大丈夫?

まったく問題ありません。

注意する点があるとすれば、女性は男性よりも皮脂の分泌量が少なく肌が乾燥しやすいので、それに合わせて保湿力の高い製品が非常に多くなっています。

そのため女性用の基礎化粧品を男性が使用した場合、メンズ製品よりもベタついたりテカテカしたりする可能性があるとだけ覚えておきましょう。

まとめ

スキンケアは面倒な上にお金がかかるので続けるのは面倒ですが、継続することで効果を発揮するものでもあります。

テカりが気になる人は保湿だけでも、毛穴の汚れなどが気になる人は洗顔だけでもしっかりとやっておくことで多少は肌の悩みが改善されると思いますので、自分にあったペースで焦らずにケアして美魔女ならぬ美魔王を目指しましょう!

POINT

美魔王とは郷ひろみさんや稲葉浩志さん、東山紀之さんやGACKTさんなど、年齢よりも若くみえ美しく年齢を重ねている男性のことです。

スポンサーリンク

関連記事