2017/07/31 86views

アクセス数や収益を気にする時間があるならネタを探して記事を書け!

最近はブログで収益をあげようとしている人が多いようで(私もその1人ですが)、毎日様々な新しいブログが生み出されていっております。

で、そんなブログのチェックやら既に収益を発生している人のブログなんかを参考に自分のサイトを弄ったりネタを探したりするわけなんですが……

開始直後からアナリティクスとかAdSenseの金額気にしすぎな人多くね? と思うわけです。

ブログ開始直後なんて大したアクセスも収益も発生しないのだから、それをチマチマ気にして時間を取られるよりは1記事でも増やしてアクセスを集めるブログを作るほうが大事だと思うんですよね。

スポンサーリンク

アナリティクスやAdSenseを確認する時間は決める

正直、一日に何回も見たところで何も変わりません。

そりゃあ、アナリティクスの数字が1桁PVから2桁PVに変わって、さらには3桁になった時などは喜びのあまり一日に何回も確認したりしていましたが、正直あの時間は無駄です。

お前は一日に何回アクセス数の確認をして、増えもしないAdSenseの収入を気にしているんだと……。

もちろん、初めてAdSenseで収入が発生した日は嬉しいでしょうし、過去最高の収入を出せた日などは「このまま行けば仕事しなくても行きていけるんじゃね?」なんて考えたりもしますが、やっぱり何度も見直すのは時間のムダなんですよね(;´Д`)

寝る前とか起床後に確認するぐらいで十分です。

クソ記事量産覚悟で100記事までは突っ走る

2017年7月30日現在このブログの投稿数は40記事に満たないので、あと60記事は最低でも増やしたいところです。

特化型雑記ブログとか意味のわからないジャンルに突入しているので、各コンテンツごとに100記事は欲しいのが本音なわけです。

ですが、悲しいかな一日に投稿できる(地力書ける記事数)には限りがあるため、どうしても良質な記事ばかり生み出そうとすれば時間がかかります。

なので、クソ記事(最低でも1,000は書きましょう)でも記事は記事と割り切って更新していくのが大事なことだと思います。

クソ記事量産でもアクセス数は増える

SEO的に弱い記事ばかり書いてどうするんだとも思いますが、クソ記事の中には他の人がほとんと書いていないような記事も存在してきます。

で、その記事に関する何がメディアに取り上げられるようなことがあればライバルが少ないためアクセス数が一時的にですが跳ね上がり、通常では考えられないアクセスを得ることが可能です。

クソ記事でもいいから毎日書くこと、書く習慣をつけることが大事

どんなブログでも言われていることですが、習慣というのは非常に大事なものです。

この記事で1ヶ月エアロバイクを漕いでいましたが、習慣とかしたのか朝起きた後は毎日(嫁が休みの日は除く)漕ぐようになっています。

ブログも気分で更新をサボっていては続かないですし、習慣づけるためにも「休むと決めた日」以外はどんなクソ記事でもいいので書いて更新しましょう

クソ過ぎたらあとで追記なりリライトなりすれば良いんです。

習慣の中に休みも取り入れないと、社蓄と大差ない

私は嫁が仕事の休みの日はブログを書かないと決めていますし、その日に関してはPCを立ち上げることさえ稀です。

理由は、なんで毎日書かないといけないんだ?

休みをくれ! 休みを!!

と言うものです(´ω`)

さっき言っていたことと思い切り矛盾していますが、休息は大事ですし何のためにブログで稼ごうとしているのかを忘れてはいけません。

私は「働きたくないからブログの収益だけで豊かに生活していける」ことを目標にしています。

それなのに休息もなく毎日ブログの更新だけ続けていくのは違うだろうと……家族サービスは必要なんですよ。

子供いませんけどね!

スポンサーリンク

関連記事