2018/06/03 419views

大人ニキビは何歳から? 思春期ニキビとはなにが違うのかも解説

思春期が終わりホルモンバランスの乱れが改善されると、それにともなって今まで悩まされていた思春期ニキビとさようなら(@^^)/~~~

こんなふうに、思春期が終わってすぐにニキビが改善されれば問題ありませんが、思春期ニキビに悩まされていた方の多くは、大人ニキビにも悩まされます。

大人ニキビも思春期ニキビと同じように年齢を重ねるごとに改善する傾向にあるのですが、思春期ニキビが10歳から20歳ぐらいまでのものに対し、大人ニキビは20歳から40歳ぐらいまでと非常に期間が長いです。

最悪の場合は思春期ニキビと合わせて、30年近く悩まされるなんてことも。

人生の1/3~1/4もニキビで悩むなんて、ストレス以外のなにものでもありません!!

正しいスキンケアや治療、生活を送ることで大人ニキビは治すことが可能なので、つるつるたまご肌を目指してしっかりケア方法を学んでいきましょう。

スポンサーリンク

大人ニキビって? 思春期ニキビとはなにが違うの?

大人ニキビと思春期ニキビの違いを説明するのは、非常に簡単です。

思春期ニキビの原因が、ホルモンバランスの乱れからくる皮脂の過剰分泌だとすれば、大人ニキビはターンオーバーの乱れやバリア機能の低下による、角化異常が主な原因になります。

とはいえ大人ニキビの対象とされる20歳以上の方でも、大きなストレスを抱えたり自律神経系の病気にかかると、皮脂の過剰分泌が起こる可能性もあるので、思春期ニキビと同じような理由でニキビができることも珍しくないことは覚えておきましょう。

思春期ニキビはTゾーン、大人ニキビはUゾーン

思春期ニキビができやすいのは、皮脂の分泌量が多いTゾーンだと「思春期ニキビができる年齢は? 女の子は10歳からできることも」の記事で説明しています。

では大人ニキビができやすい場所はというと……顎から口周りのUゾーンと呼ばれるフェイスラインです。

もちろん皮脂の過剰分泌が起きている方はTゾーンにもできやすいのですが、ターンオーバーの乱れや乾燥などが原因の場合、Uゾーンに多くニキビができることになります。

大人ニキビを改善する方法

一度でも大人ニキビになってしまうと、症状を改善するのは非常に難しいです。

最初からならないように心がけるのが一番ですが、高校や大学卒業後に生活環境が変わることで体がストレスを感じ、なりたくもない大人ニキビになる方も……。

そこで大人ニキビを少しでも改善するために、スキンケアや食事について学んでみましょう!

ノーメイクの日にクレンジングは使わない

メイクをしていると、化粧を落とすためにクレンジングを使用することになりますが、ノーメイクの日はクレンジングを使用しないでください。

肌の保湿成分をきれいサッパリ洗い流してしまうことで、肌のバリア機能が過剰に働き角質が厚くなる原因になってしまいます。

洗顔はたっぷりの泡でしっかり皮脂を落とす

思春期ニキビでも皮脂をしっかりと落とす必要がありましたが、大人ニキビでもそれは変わりません。

いくら乾燥肌で皮脂がでづらいと思っていても、気づかない間に皮脂は分泌されて毛穴つまりの原因になっています。

皮脂が分泌されやすいTゾーンは、しっかりと洗っておきましょう!

また、ノーメイクの日でも花粉やホコリ・皮脂に垢などで肌は汚れていますので、今日はメイクをしていなかったから……と油断していると、メイクをしているときよりも肌の状態が悪化することがあるので注意が必要です。

ニキビ対策にオススメの洗顔

ビーグレン クレイウォッシュ
 

リピート率98%を誇り、圧倒的な人気を得ているのがビーグレンの4ステップニキビケア。

まずはトライアルセットで肌に合うかどうかを試してみて、肌に合うようなら洗顔用にクレイウォッシュだけでも購入しておくといいでしょう。

ニキビケアは続けてこそ効果がでてくるものなので、トライアルセットだけでは効果を実感できない可能性もあります。

注目POINT

ビーグレンはニキビケアだけではなく、シミやたるみ・毛穴の黒ずみなどに効果のあるセットを販売しています。

ですが、洗顔料はクレイウォッシュしかありません!

それだけ自信をもっている商品だからこそ@cosmeなどでも評判がよく、泡立て不要で面倒な手間がかからないのも魅力の1つです。

乾燥対策のスキンケアは保湿成分の高いものを

スキンケアとして最低でもやっておきたいのは、化粧で肌に水分を与え保湿することと、乳液で肌の潤いが逃げないようにフタをすること。

これさえも面倒な方はオールインワンジェルを使用すればいいのですが、どちらの場合もニキビ対策ができる基礎化粧品が売っていますので、そちらを使ったほうが効果的です。

肌に触れるものは清潔にしておく

洗顔後に顔をふくタオルもそうですが、枕やシーツといった寝具にも雑菌などが多く付着しています。

汗や皮脂だけではなく、寝ている間によだれをこぼすなんてこともやっているはずなので、可能であれば枕カバーは毎日洗濯するぐらいがベストです。

シーツも1週間に1度は洗濯をしておきたいものなので、面倒だとは思いますが洗濯なんて全然やらないな……という方は、寝具を清潔にするクセもつけていきましょう。

どうしても面倒くさい場合は、枕の上にタオルを敷いて、タオルを毎日取り替える方法もオススメです!

ニキビ対策に効果のある栄養を摂取する

新陳代謝を高めるために必要なビタミンAや、美肌効果のあるビタミンC。

皮脂を分解し過剰分泌を防いでくれるビタミンB2や、高い抗酸化作用をもつビタミンEなど、ニキビに効果があるといわれている栄養素は数多く存在します。

これらの栄養素を食事だけでバランスよく摂取できればいいのですが、毎日十分な量を食べることは難しいです。

なので栄養バランスが偏っていると思う方や、偏食で好き嫌いが激しい方はサプリメントに頼ってみましょう!

ニキビ対策にオススメのサプリメント

きらりのおめぐ実
 

ホウレンソウの2.8倍のビタミンC、人参の12倍のビタミンE、ピーマンの6倍のビタミンB6、ブロッコリーの6倍のビタミンB2が、1日3粒飲むだけで摂取することができます。
※それぞれの野菜100gあたりとの比較量

毎朝のご飯にプラスしたり、お風呂上がりの水分補給とセットにしてと、栄養バランスによるニキビ対策を簡単に始められるのが魅力ですね♪

注目POINT

きらりの定期便で購入すれば、初回に限り1,980円で購入することができちゃいます!

よくある回数縛りがないので、1回購入してみたけど2回目はもういらないと思えば即解約可能なのも嬉しいところ。

ビフィズス菌なども含まれており、体内に溜まっている余分なものを排出する効果も!?

ストレスフリーな環境を作る

仕事や人間関係で心理的なストレスを抱えると、自律神経に乱れが生じることでホルモンバランスに乱れが生じます。

その結果、皮脂が過剰に分泌されやすい状態になったり、しっかりと睡眠がとれないことでターンオーバーが正しくおこなわれず、角化異常になったりすることでニキビができやすい肌に……。

とはいえ仕事や人間関係のストレスは簡単には解消することができませんので、ジョギングやウォーキングをして自律神経の乱れを整えてみたり、半身浴や温泉などに浸かってリラックスすることでストレスを解消することが重要です。

他にも気の許せる友人と遊びに出かけたり、カラオケで大声をだしたりして、心をリラックスさせてあげましょう。

まとめ

大人ニキビは、1度できてしまうとすぐには治らないものですが、しっかりとケアをすれば悪化するのではなく徐々に改善していきます。

即効性のある改善方法はないと考え、自分の肌と向き合ってゆっくりと治していくことを考えましょう。

スポンサーリンク

関連記事